アライドテレシス、PoE+給電対応のGbEスマートスイッチ「AT-GS950/16PS」

クラウド Watch 2017年09月15日(金)14時11分配信

 アライドテレシス株式会社は15日、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T×16ポートのスマートPoE+スイッチ「AT-GS950/16PS」を発表した。

 AT-GS950/16PSは、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T×16ポートを備えるレイヤ2スマートスイッチ。1ポートあたり最大30W、スイッチ全体では最大185Wまでの給電が可能になっており、PoE受電に対応した無線LANアクセスポイント、IPカメラなどに対し、Ethernetケーブル経由で電力を供給できる。また1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-Tポートのうち2つは、SFP<3198>スロットとのコンボポートになっているので、光ファイバーによるアップリンク接続などに対応可能だ。

 ネットワーク機能としては、ポートミラーリング、VLAN(タグ/ポートベース/マルチプル)、ループガードなどの機能を備えており、WebブラウザからGUIによる設定を行える。また、IEEE 802.1x認証をサポートしており、認証モードとしてSingle Host/Multiple Hostに対応。認証方式は、MD5/TLS/TTLSをサポートするほか、付加機能としてIEEE 802.1xダイナミックVLANも利用できる。

 価格は11万9800円(税別)だが、「アライドテレシス株式会社 創業30周年記念キャンペーン(第二弾)」の対象製品に追加され、12月28日(出荷分)までは10万7900円(税別)のキャンペーン価格が適用される。

AT-GS950/16PS
クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)14時11分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。