NTT東日本、クラウド型無線LANサービスでネットワークカメラを利用可能なオプションを提供

クラウド Watch 2017年10月11日(水)09時00分配信

 東日本電信電話株式会社(以下、NTT<9432>東日本)は、クラウド型無線LANサービス「ギガらくWi-Fi」ハイエンドプランのオプションサービスとして、屋内設置用のネットワークカメラを提供する「カメラオプション」を、10月16日より提供開始する。

 ギガらくWi-Fiは、無線LAN環境のオフィスへの導入・運用をトータルにサポートするソリューション。レンタル提供する無線LANアクセスポイントは、インターネットに接続するだけでクラウドから設定を取り込み稼働する“ゼロタッチプロビジョニング”に対応しており、ユーザーは宅配で届いたアクセスポイントをインターネットに接続可能な既設LANにつなぐだけで、無線LAN環境が整うという。

 今回発表されたカメラオプションは、アクセスポイントとともにネットワークカメラをレンタル提供するオプションサービス。導入から運用までのサポートに加えて、クラウド上の映像保管用ストレージも提供される。

 アクセスポイント同様、カメラ端末へのユーザーによる設定は不要で、電源を入れるだけで利用可能。映像はクラウドへ常時アップロードされ、ストリーミング再生を行えるので、外出先でもスマートフォン(iOS/Android)から簡単にリアルタイム視聴できるとした。

 また、リアルタイムの映像視聴のみならず、映像の動きや音声をカメラで検知し、検知前5秒、検知後30秒を切り取ってクラウドへアップロード(録画)する「動体/音声検知」や、映像を分析して来訪者数を集計する「映像内ピープルカウント」といった機能も提供されるとのこと。

 なお映像内ピープルカウントでは、通行者の顔を認識し、過去1週間分のリピーター数を集計できるので、店舗イベントの集客効果を確認するといったマーケティングにも活用可能とした。

 価格は、初期費用が無料、月額利用料がカメラ1台あたり2500円(税別)で、2年間の最低利用期間が設定されている。

NTT東日本、クラウド型無線LANサービスでネットワークカメラを利用可能なオプションを提供
クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月11日(水)09時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。