アシスト、RPAと推論型AIで定型業務の効率化を推進する「AEDAN自動化パック」

クラウド Watch 2017年10月12日(木)13時17分配信

 株式会社アシストは12日、ビジネスパーソンの定型業務の効率化、および生産性向上を促進する基盤として、「AEDAN(えいだん)自動化パック」を提供開始すると発表した。ホワイトカラーの定型な手作業と知的判断を、可能な限り自動化できるという。

 「AEDAN自動化パック」は、イーセクターが販売するRPA(Robotic Process Automation)ソフトウェア<3733>「ROBOWARE」と、アシストが販売している米Progress Softwareの推論型ルールエンジン「Progress Corticon」、アプレッソのデータ連携ツール「DataSpider Servista」を組み合わせて提供するパッケージ。ソフトウェアロボットがデスクトップ上でマウスやキーボードを操作するだけでなく、データの収集・整理と、それらの情報をもとにした次のアクションまでの、業務プロセス全体を完全自動化するという。

 具体的には、ROBOWAREを用いて、定型のPC作業を自動化。また、データの集約・加工をDataSpider Servistaで行いつつ、作業前後の知的判断をProgress Corticonに担当させることにより、高度な業務判断を含む定型業務を、人の介在なしに自動化できるという。

 AEDAN自動化パックの価格は、初年度の場合、1カ月あたり87万4000円。契約は年間契約となる。

アシスト、RPAと推論型AIで定型業務の効率化を推進する「AEDAN自動化パック」
クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)13時17分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。