網屋、クライアントからマルチクラウドへの直接接続を可能にするリモートアクセスソリューション「V-Client α」

クラウド Watch 2017年10月12日(木)11時05分配信

 株式会社網屋は11日、クラウドVPNサービス「Verona(ヴェローナ)」のラインアップに、ルータレスリモートアクセス「V-Client α」を追加したと発表した。

 V-Client αは、さまざまなクライアント端末から複数のクラウドサービスへ、簡単にVPN接続を行えるサービス。

 企業ネットワークにおいてクラウドサービスへのリモートアクセスVPNを行う場合、管理上などの都合により、いったん社内ネットワークを経由してからクラウドへつなぐ前提になっていることが多いという。しかしこのやり方では、通信トラフィック面での負荷があるだけでなく、「外出先から社内」と「社内からクラウド」という二重の接続設定の手間が課題になっていた。

 これに対してV-Client αでは、端末からクラウドサービスへのアクセスを、社内のルータネットワークを中継せずに実現可能。また、端末の設定作業をセンターサービスが集中的に代行管理するため、メンテナンス負荷も抑えられるとしている。

 さらに、複数のクラウドサービスを利用する場合でも、サービスごとに接続方法を変更する必要がなく、シームレスな接続を実現できるとのこと。

 参考価格は、100ライセンスで月額6万円から。別途、初期費用も発生する。

網屋、クライアントからマルチクラウドへの直接接続を可能にするリモートアクセスソリューション「V-Client α」
クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)11時05分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。