NRI、窓口業務を支援するAIソリューションに日本語テキスト解析製品を統合

クラウド Watch 2017年11月13日(月)15時25分配信

 株式会社野村総合研究所(以下、NRI)は13日、AIを利用して企業における“窓口業務”を支援するソリューション「TRAINA/トレイナ」に、日本語テキスト解析ソリューション「TRUE TELLER」を統合すると発表した。

 「TRAINA/トレイナ」では、窓口に問い合わせが寄せられた場合、過去の対応履歴などをはじめとする“知識データベース”を参照して、問い合わせをしてきたユーザーのニーズに合った回答を作成するなど、窓口担当者を支援する機能を提供している。

 問い合わせの目的を満たす回答を提供するためには、ユーザーと窓口担当者やシステムとのやりとりの文脈から、ユーザーが求めるものを把握し、的確な質問や回答を返すなど、高度な対話能力が求められる。そのためには、これまでに蓄積された対話記録やFAQ(よくある質問と回答)など、大量の日本語テキストをAIで解析し、知識データとして利用する必要がある。

 今回はそのために、日本語テキスト解析や自然言語処理に強みを持つ「TRUE TELLER」製品群を、「TRAINA/トレイナ」に統合することになった。新ラインアップでは統合製品として、これまでの「TRAINA/トレイナ」に、TRUE TELLERが持っていた、ユーザーの意図の高度な理解を盛り込んだ「TRAINAスマートナレッジ」を提供する。

 また統合に伴い、既存の「TRUE TELLER」にもAIを搭載し、機能を拡張した。「TRUE TELLER」のログ分析機能などを受け継ぐ新ラインアップ「TRAINAテキストマイニング」において、従来の教師あり学習(事前に与えられた入出力のデータをもとに学習する)だけでなく、教師なし学習を選択可能になり、利用用途に適した手法を選べるようにしている。

 さらに、音声による対話をテキスト化し内容を要約する対話要約機能も機能が強化され、窓口担当者が確認・修正した過去の履歴を学習し、新たな問い合わせに対して適用していくことで、より担当者の要求にあった要約文を自動生成できるようになった。この機能は、「TRAINAボイスダイジェスト」で提供される。

クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)15時25分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。