テンダのビジネスチャット「TEんWA」、企業オリジナルのスタンプを利用可能に

クラウド Watch 2017年11月13日(月)16時06分配信

 株式会社テンダは13日、クラウド型ビジネスチャット「TEんWA(テンワ)」において、企業ごとの独自スタンプが登録できる「オリジナルスタンプ機能」を提供すると発表した。

 TEんWAは、チャット、ToDo、ファイル管理といった機能をセキュアに利用できるようにすることで、企業内でのコミュニケーションを支援するビジネスチャット。直感的なユーザーインターフェイスによって簡単に利用できるほか、コミュニケーションデータの利用傾向を分析することも可能という。ユーザーとしては、みずほフィナンシャルグループ<8411>などの大手企業でも採用実績があるとのこと。

 そのTEんWAでは、サービスリリースの当初から感情を補完するスタンプ機能を搭載し、キャラクタースタンプ384種類のスタンプを実装しているが、今回発表されたオリジナルスタンプ機能では、企業独自のスタンプ作成可能になった。

 テンダでは、企業キャラクターや独自スタンプを使うことにより、スタンプが企業と従業員とのコミュニケーターの役割を果たし、従業員の帰属意識や企業理念・文化の浸透の手助け、インナーブランディングにも有効になると説明している。

 なお、スタンプの登録/設定作業はテンダ側で実施し、1キャラクター32個まで設定できるとのこと。

クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月13日(月)16時06分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。