ブロードバンドタワー、クラウド環境向けセキュリティサービス群3種類をパッケージ化して提供

クラウド Watch 2017年11月14日(火)17時30分配信

 株式会社ブロードバンドタワー<3776>は14日、クラウド環境向けの多層防御対策として、厳選したセキュリティサービス群をパッケージサービスとして月額課金モデルで提供する「BBTowerセキュリティパック」を開始した。

 BBTowerセキュリティパックでは、株式会社サイバーセキュリティクラウドのクラウド型WAF「攻撃遮断くん」、エフセキュア株式会社のウイルス・スパイウェア対策ソリューション「F-Secure アンチウイルス」、クワンティ株式会社のLinux OSパッチ適用支援サービス「Qloc」の3サービスをパッケージとして提供する。

 ブロードバンドタワー<3776>では、独自の評価・検証に基づき、クラウドサービスで利用可能なセキュリティサービス群を「BBTowerクラウドセキュリティサービス」として提供しているが、今回各社の協力のもと、中核となる3サービスをパッケージ化した。

 サービスは1仮想サーバー単位で、料金は月額3万5000円から。サービスはブロードバンドタワー<3776>のクラウドサービス「c9」の利用者のほか、コロケーション(データセンター)サービスの利用者やパートナー、各種クラウドのユーザーも利用できる。

クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)17時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。