「FUJIFILM X-T1」の最新ファームウェアが公開 Ver.5.00での問題改善など

デジカメ Watch 01月12日(木)13時04分配信

富士フイルム<4901>は1月12日、ミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T1」のファームウェアVer.5.01を公開した。

Ver.5.00からVer.5.01への変更内容

・Ver5.00にアップデートした際にフロントコマンドダイヤルで一部の操作ができなくなった問題を改善しました。

・フラッシュ使用時の動作安定性を改善しました。

X-T1のファームウエア(カメラ内部のソフトウエア)の更新

X-T1は、APS-Cサイズ相当・有効1,630万画素のX-Trans CMOS IIセンサーを搭載するミラーレスカメラ。EVF内蔵タイプのフラッグシップとして2014年に登場した。現在は後継機の「FUJIFILM X-T2」(2016年9月発売)が販売中。

デジカメ Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月12日(木)13時04分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】