コンパクトボディにEVF+30倍ズームレンズ 4Kフォト対応の「LUMIX TZ90」 4Kセルフィー、フォーカス合成も

デジカメ Watch 2017年04月19日(水)13時00分配信
ブラック

パナソニック<6752>株式会社は、コンパクトデジタルカメラ「LUMIX DC-TZ90」を6月15日に発売する。メーカー希望小売価格はオープン。店頭予想価格は税別5万円前後の見込み。カラーバリエーションとして、ブラックとシルバーの2色を用意する。

本製品は、35mm判換算24-720mm相当の30倍ズームレンズを搭載した「LUMIX DMC-TZ85」の後継機モデル。

35mm判換算24-720mm相当F3.3-6.4の「LEICA DC VARIO-ELMAR」のほか、画像処理エンジン「Venusエンジン」、手ブレ補正機構(静止画時POWER OIS/動画時5軸ハイブリッド)、感度設定範囲ISO80-3200(拡張でISO6400)、連写性能(AFS10コマ/秒、AFC5コマ/秒)、EVF0.2型(117万ドット)など、大まかな基本スペックは同等となる。

なお、撮像素子については、1/2.3型の18M高感度MOSセンサーから1/2.3型20.3M高感度MOSセンサーへとパワーアップ。背面モニターについても、180度チルトに対応(3.0型104万ドット 静電タッチ式LCD)するなど細かい部分が強化されている。

さらに、従来からある4K連写や4Kフォトの30コマ/秒連写を応用した「フォーカスセレクト」、「比較明合成」に加え、「フォーカス合成」を搭載。4K動画(3,840×2,160/30p)での撮影にも対応する。

このほか、4Kフォトに対応した「自分撮りモード」や「ビューティレタッチ」機能を採用している。

また、「LUMIX GF9」にも搭載されている自分撮りモードと4Kフォトモード(秒間30コマ連写)を組み合わせた「4Kセルフィー」にも対応している。

撮影可能枚数は、380枚(液晶モニター)、250枚(EVF)。Wi-Fi機能を内蔵する。

外形寸法は、約112×67.3×41.2mm。重量は、322g(記録メディア・バッテリー含む)/280g(ボディのみ)。

シルバー
デジカメ Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年04月19日(水)13時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】