フルサイズEマウント中望遠レンズ「ZEISS Batis 2.8/135」が国内発表 手ブレ補正や瞳AFが利用可能

デジカメ Watch 2017年04月20日(木)11時02分配信

カールツァイス株式会社は4月20日、交換レンズ「ZEISS Batis 2.8/135 E-mount」を5月12日に発売すると発表した。フルサイズEマウント対応の中望遠レンズ。

希望小売価格は23万4,000円(税別)。

ソニー<6758>αシリーズのAF機能に対応した単焦点レンズ「Batis」シリーズの最新モデル。海外で発表済みの製品で、このたび日本での発売日と価格が確定した。

瞳AFも利用可能。

レンズ内に手ぶれ補正機構を搭載。さらに、α7 II以降のボディ内手ブレ補正機能にも対応しており、角度ブレはレンズ側で、シフトブレおよび回転ブレの補正はボディ側で行う。

レンズ構成は11群14枚のアポ・ゾナー設計。色収差を極限まで低減したという。

先行して発売されたBatis 2/25、Batis 1.8/85と同様、合焦距離と被写界深度を表示する有機ELディスプレイを装備。

最短撮影距離は0.87m。

フィルター径は67mm。

レンズキャップを含む全長は133mm、ピントリング径は81mm。

質量は614g。

デジカメ Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年04月20日(木)11時02分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】