オリンパス、防水・耐衝撃カメラ「Tough TG-5」を海外発表 環境センサーのログ機能を搭載 1,200万画素で高感度対応に

デジカメ Watch 2017年05月17日(水)16時12分配信

オリンパス<7733>は、防水・耐衝撃カメラ「Tough TG-5」を海外で発表した。米国Webサイトでの直販価格は449.99ドル、6月16日に出荷開始としている。日本での発売に関する情報はまだない。

防水15m、耐落下2.1m、耐衝撃100kgf、耐低温-10度、IPX6防塵性能や、電子コンパス、気圧センサー、温度センサー、加速度センサーを有するコンパクトデジタルカメラ。防水・耐衝撃カメラのTG-4をベースに、ムービーカメラ「TG-Tracker」のような環境センサーのログ機能を搭載した。

メーカーの製品紹介ムービーでは、川下りやトレイルランの撮影画像を「OI.Track」アプリで位置・高度とともに再生する使い方を紹介している。

カメラ上面には、ログ記録のオン/オフを切り換える独立ボタンを装備。また、上面右手側のズームレバーがシャッターボタン同軸となり、空いた場所にダイヤルが設置されている。

レンズは35mm判換算25-100mm相当F2-4.9。2.5段分の手ブレ補正機構を内蔵。通常撮影時の最短撮影距離(レンズ前)は10cm。同最短1cmとなるスーパーマクロモードや顕微鏡モードも搭載している。

1,200万画素の1/2.3型裏面照射型CMOSセンサーを搭載。感度はISO100〜12800。RAW記録や4K動画記録に対応する。TG-4の1,600万画素から記録画素数を減らし、設定可能な最高感度が1段高くなっている。

14のアートフィルターを搭載。各フィルターの中でタイプも選べる。合成の様子を見ながら撮れる「ライブコンポジット」や、インターバル撮影といったモードも備える。

ブラックもある

Wi-FiやGPS機能を内蔵。液晶モニターは3型46万ドット。

バッテリーはTG-4と同じ「LI-92B」。撮影可能枚数は約340枚。

USBケーブルとUSBチャージャーが付属しているため、引き続きカメラ内でのバッテリー充電が可能とみられる。端子はUSB micro-B。TG-4までのUSB端子は独自形状だった。

外形寸法は113×66×31.9mm。重量は約250g(電池、メディア込み)。TG-4は111.5×65.9×31.2mm、約247gだったため、幅と厚さが少しだけ増えている。

レンズ周囲のバヨネット部は、従来のTGシリーズと同様。使用可能な別売アクセサリーとして、テレコンバーターTCON-T01、フィッシュアイコンバーターFCON-T01、ライドガイドLG-1、フラッシュディフューザーFD-1が挙げられている(いずれも発売済みの製品)。

フィッシュアイコンバーターFCON-T01装着例
フラッシュディフューザーFD-1装着例
ライドガイドLG-1装着例
テレコンバーターTCON-T01装着例
デジカメ Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年05月17日(水)16時12分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】