RICOH THETA Vのファームウェア1.11.1が公開 インターバル撮影時の画質などを改善

デジカメ Watch 2017年11月14日(火)12時26分配信

リコー<7752>は11月14日、「RICOH THETA V」の最新ファームウェア(バージョン1.11.1)を公開した。

インターバル撮影時の画質を改善したほか、PCとUSB接続時もしくは切断時にスリープ状態が維持されるようになった。また、無線LAN(2.4GHz)の電波出力が弱くなる場合がある問題を改善した。バグ修正も行われている。

RICOH THETA Vは、ワンショットで360度の映像を記録できる“全天球カメラ”。新たに4K動画に対応したほか、4chマイクも内蔵した。発売は9月。実勢価格は税込5万2,000円前後。

デジカメ Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)12時26分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。