「ゴーストリコン ワイルドランズ」、DLC第2弾「フォールン・ゴースト」配信日決定15のミッション追加で「ゴースト部隊最後のミッション」に挑む!

GAME Watch 2017年05月17日(水)20時31分配信
6月7日 配信予定

(シーズンパス購入者は5月31日よりプレイ可能)

価格:1,800円(税別)

(シーズンパス購入者は無料)

 ユービーアイソフトは、プレイステーション 4/Xbox One/Windows用オープンワールドミリタリーシューター「ゴーストリコン ワイルドランズ」のDLC第2弾「フォールン・ゴースト」の配信日を6月7日と発表した。シーズンパス購入者は先行で5月31日よりプレイが可能。価格は1,800円(税別)。シーズンパス購入者は無料でプレイできる。

DLC第2弾「フォールン・ゴースト」

 「フォールン・ゴースト」は、サンタ・ブランカ壊滅後のボリビアが舞台となっている。内戦が勃発し、ユニダッドの軍事力では収拾が付かなくなった国の秩序を取り戻すため、ユニダッドは、カルテルのメンバーや老兵、傭兵、犯罪者たちに助けを求める。

 彼らは米国のエージェントを見つけ出し排除することを目的とした凶悪な特殊部隊、エクストランヘロスを構成した。この無秩序な状況の中で、ゴースト部隊には最後のミッションが課せられた。「残りのCIAのメンバーと米国民を無事避難させよ」と。

 プレーヤーは、外部からのサポートがない状況で、最新の装備やテクノロジーを備えた新たな4つのクラスの敵兵と戦わなければならない。

【4つのクラスの敵兵】

装甲兵:
スチールパッドとカーボンファイバージョイントで身を固めた強敵。接近戦では特に危険。

エリートスナイパー:
強力なライフルとレッドドットサイトを装備しており、一撃で標的を仕留めることができる。

ジャマー:
ポータブルジャミング装置を携帯しており、電子戦に特化している。ドローンによる攻撃を行なう。

隠密作戦部隊:
強奪したイスラエル製プロトタイプの最先端光学迷彩デバイスを装備しているため、認識することが困難。強力なクロスボウを装備している。

 「フォールン・ゴースト」のキャンペーンでは、15のミッションが追加され、プレーヤーは別々の地域にいる4人の新しいボスを倒す必要がある。本DLCでは、プレーヤーは新たにレベル30の主要なスキルを全て備えたキャラクターとしてプレイする。レベルキャップは30から35へと上がり、プレーヤーはフィジカル、武器、ドローンの新たな9つのスキルをアンロックすることが可能。

 さらに、アサルトライフルやスナイパーライフル、爆破する矢が使えるクロスボウなど6つの限定新ウェポンも追加される。難易度「エリート」と「ゴースト」が微調整されることにより、さらに難易度の高いプレイが楽しめる。HUDは、表示と非表示の選択が可能になる。

【「フォールン・ゴースト」スクリーンショット】
Amazonで購入
GAME Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年05月17日(水)20時31分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】