「俺は誰だ?」、様々な謎がプレーヤーを捕らえるSFシューティング「PREY」、本日発売!

GAME Watch 2017年05月18日(木)00時00分配信
5月18日発売

価格:7,980円(税別)

 ベセスダ・ソフトワークスは、プレイステーション 4/Xbox One/Windows向けにSFシューティング「PREY」を5月18日に発売した。価格は7,980円(税別)。

目の前の人が突然謎の怪物に襲われる。これはなんだ?
映像で語りかけてくる「記憶を失う前の自分」しかしこれは、本当のことなんだろうか
ニューロモッドで能力を拡張

 「PREY」ではプレーヤーは記憶を失ったモーガン・ユウとなり、宇宙ステーション「タロスⅠ(ワン)」をさまようこととなる。タロスIは地球外生命体「ティフォン」を研究していたのだが、何らかの事故が起きてしまい、タロスIの人々はティフォンによりその命を狙われている。モーガンは訳がわからないままティフォンからの追跡をかわしつつ生き残りのための戦いを繰り広げていく。

 モーガンを導くのは「ジャニュアリー」という謎の声。そしてモーガンの兄だというアレックスはこちらの妨害を行なってくる。何が正しく、モーガンは何をすべきか、不安が常にプレーヤーを圧迫する。ティフォンはどこに潜んでいるかわからないし、宇宙ステーションの保安システムは暴走しているところもある。武器や弾薬は少なく、ぎりぎりの状況が続く。

 そして生き残りの鍵となるのが「ニューロモッド」である。目の中に針を突き刺す注射器で、ティフォンの能力を取り込み、人間の能力を拡張するのだ。ニューロモッドで獲得できるのはモーガンの戦闘能力を増すものから、コンピューターをより使いこなしたり、タレットやロボットなどを自分の味方にしたりと、様々な種類がある。選択によってゲームの展開は大きく変わってくる。

 他にも接着剤を発射して足場を作り出せる「グルーキャノン」や、様々なアイテムを作り出せる「リサイクラー」と「分子成形機」といった要素があり、プレーヤーのアイディア次第、アプローチ次第でゲームの幅が大きく広がる。いかに想像力を活用し、生き残るか……高いゲーム性と、ぐいぐいとユーザーを引き込む謎めいたストーリーが魅力の作品だ。

 PS4版では、発売と同時に序盤を体験できる体験版「PREY Demo: Opening Hour」も配布される。訳がわからない状況から、敵に追われ必死に生き残ろうとする戦いを体験できる。興味を持ったプレーヤーはまず体験版でこの独特な世界に足を踏み入れてみてはいかがだろうか。

【「PREY Demo: Opening Hour」】

【スクリーンショット】
Amazonで予約
GAME Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年05月18日(木)00時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】