Q-Games、「PixelJunk」シリーズの最新作「Eden Obscura」をスマホアプリとして配信決定5月20/21日開催の「A 5th of BitSummit」にも出展

GAME Watch 2017年05月18日(木)18時16分配信
5月18日 発表

【A 5th of BitSummit出展】

開催日:5月20日~5月21日

会場:京都市勧業館「みやこめっせ」

 キュー・ゲームスは、Android/iOS用新作アプリ「Eden Obscura」を配信することを発表し、ティザー映像を5月18日に公開した。配信時期及び利用料金については未定。

 本作は、2008年にマルチクリエーターのBaiyon氏とコラボし開発・制作された「PixelJunk」シリーズの最新作で、シリーズとしては、初となるスマホでの配信が決定した。

 また同作は、5月20日より京都で開催される「A 5th of BitSummit」に出展することも決定し、会場では、「PixelJunk Eden」Tシャツの新色が、一般販売に先駆けて特別価格にて展示販売される。

【PixelJunk Presents "Eden Obscura" (Teaser)】

【スクリーンショット】

Baiyonのプロフィールを紹介

 サウンドプロデューサー、クリエイティブディレクター、アートディレクター、ゲームデザイナー、DJと1つのジャンルに囚われず多岐の活動に取り組むマルチクリエイターで、現在キュー・ゲームスのクリエイティブプロデューサーとして多方面で活動している。

 代表作は、「PixelJunk Eden」をはじめ、2012年に発売された「PixelJunk 4am」や、2011年に発売されたソニー<6758>・インタラクティブエンタテインメント作品「Little Big Planet2」(2011)のサウンドデザインなどがある。

【Baiyonによるコメント】

 僕は、昔からスパンコールなどのキラキラしている物や万華鏡、トレーシングペーパーやアクリルのような透けている物が何故かすごく好きで、幼少の頃からロボットなどはそっちのけで集めていました。

 「Eden Obscura」は、そんな自分のフェチズムを最新のスマホの機能を駆使して実現しているタイトルです。僕自身ゲームのディレクターとしても見た事のない、予測出来ない不思議な世界が出来てきてるので、皆さんがどういうビジュアルの組み合わせを日常で発見するのかを楽しみにしています。

【Baiyon】

「A 5th of BitSummit」に「Eden Obscura」出展

 開始期間:5月20日~5月21日
 会場:京都市勧業館「みやこめっせ」

 インディーゲームの祭典「A 5th Of BitSummit」において、「Eden Obscura」としてブースを出展する。

 「BisSummit」出展ブースでは、BaiyonとMHz[メガヘルツ]が手掛けるアパレルブランド【Whisper Not】の「PixelJunk Eden」Tシャツの新色が一般販売に先駆けて特別価格にて展示販売される。

【「PixelJunk Eden」Tシャツ】
GAME Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年05月18日(木)18時16分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】