「ぷよぷよ!!クエスト」、初めてのファンミーティングで、「コナン」コラボの全容を公開!ファンの意見を聞きながら、改善策を発表

GAME Watch 2017年09月17日(日)20時01分配信
9月17日 開催

会場:秋葉原UDXシアター

 セガゲームスは9月17日、現在サービス中のAndroid/iOS用パズルRPG「ぷよぷよ!!クエスト(以下ぷよクエ)」の初めてのオフラインファンミーティングを開催した。イベントは来場者参加型のイベントも数多く用意されていたほか、テーマに沿って来場者の質問に答えていくコーナーもあり、開発側の意見を聞くことができる貴重なイベントとなった。

この秋に向けてのアップデート内容を明らかに

 イベントはまずはユーザーアンケートの結果発表からスタート。ユーザー属性は、女性が51.7%と男性を上回っている。年齢層は30歳代が26.5%と1番多く、40歳代、20歳代と続く。初代「ぷよぷよ」のキャラクターが人気が高いといわれ、それは初めて「ぷよぷよ」に触れた層が「ぷよクエ」をプレイしているのかもしれない。

 ユーザーランクは101から200が1番多く22.6%、続いて201から400までが21.8%。しかし、801以上のハイレベルプレーヤーが9.5%もおり、実際会場でもレベル1,000以上のプレーヤーがちらほら。現在はギルドに所属すれば初期レベルアップは難しくないため、100程度までは比較的簡単に達することができるようだ。

 ギルドランクは、22.1%の「B」を頂点としてなだらかな山のような構成になっているが、「SSS」が3.7%なのに対して、「LS」が7.9%も存在する。会場にも「LS」のギルドマスターさんが来場しており、尊敬のまなざしを集めていた。

 8月に行なわれたアップデート項目の意見の一部が公開された。同時に、この意見を参考に今後の改善案も提示された。「農園」では、タネがドロップしないという点については見直しが行なわれ、水やりが大変な点については、ギルド内でのお手伝い回数を増やし協力し合えることで改善を目指す。「とっくんボード」では、前述の通りお手伝い回数を増やすことで野菜の収穫量をアップさせ、必要な野菜を集めやすくする。また、野菜どろぼうの落とし物をギルドメンバー全員が受け取れるよう変更される。この他にも、やる気の消費量を調整し、ギルドタワーを遊びやすくする。

 「★7」キュラクターの流通量は45,263体。そのほとんどは「お祝いアルル」だが、それを除いても約1万体ほど流通する。1番人気は「アルル」で1,584体で、続いて2番は「シグ」、3番は「ウィッチ」となる。

 発表で1番盛り上がったのが、次に実装される★6キャラクターのについて。次に実装されるのは「漁師シリーズ」だ。今回はグラフィックスそのものは明かされなかったが、シルエットが公開されると、会場から大きな歓声が上がった。

 バトルについての改修は、10月下旬に実装が予定されている次々回のアップデートで予定されている。ここではマッチングが見直されリーグ戦で対戦相手を選べるようになる。

 この他にも、「ならびかえ機能」の強化、「素材の一括へんしん合成機能」の実装などが行なわれることが明かされた。

導入されると便利な機能として、2点ほど実装されることが明らかになった
バトルについても改善される

期待の「名探偵コナン」とのコラボ内容が明らかに!

 9月19日から26日まで開催される「名探偵コナン」とのコラボ内容の全貌が明らかになった。限定ストーリークエスト「みどりぷよ誘拐事件」では、プワープじゅうの「みどりぷよ」が姿を消すという事件が起こるところからスタート。アルル達はこの謎を解くために突如現われた謎の扉に向かう。

 イベントに参加すると「江戸川コナン」がもらえる。限定クエストをクリアしコナンマークを集めていき、コナンを育てていく。「名探偵コナン」とのコラボということで、今回システムの変更を行なわれ、「謎解きクエスト」が発生する。前述のコナンマークを集め一定数集めると謎が解放される。謎は全部で5つ用意されており、みごと正解すると暗号クエストに挑戦できる。

 今回のファンミーティングでは例題が出題されたが、なかなか手応えのある謎で、頭をひねらせられる内容となりそうだ。

 コラボ期間はコナングッズが抽選で当たるプレゼントキャンペーンも実施される。「ぷよぷよ!!クエスト」の公式Twitterアカウントをフォローし、対象のツイートをリツイートするだけと簡単なもの。オリジナルモバイルバッテリーなど豪華な賞品が用意されている。

9月のイベント内容を発表!

 9月に開催されるイベント各種が一挙に公開された。特に、芸術家ガチャ開催で公開された「[★6]ミシェロ」は可愛いと評価が高かった。

「帰ってきた! ぷよクエ川柳2017」などユーザー参加型イベントも開催

 イベントでは、ユーザー参加型のイベントも多数用意され大いに盛り上がった。また、恒例の「生! まんざいデモ」でも大きく盛り上がった。

【帰ってきた! ぷよクエ川柳2017】
細山田賞
ハリスケ賞
佳作の3作品の川柳も公開された。「ぷよ野菜 モリモリ食べて 七つ星」では「野菜食べて成長しているのかなと開発でも話題になった」とか
【キャラクター当てクイズ】
いくつかのヒントをもとにキャラクターを当てるクイズ。最終問題はかなり難しかったが、4番目のヒントでさすがに当てることが出来、結果は来場者の全問正解となった。ポイントによってプレゼント内容が変るのだが、全問正解となったため、「10ポイント+3ポイント」の賞品が贈られることになった
【ゲストとマルチクエストチャレンジ】
ゲストと一緒にマルチクエストにチャレンジ、成績によりプレーヤーに記念プレゼントが贈られるという企画。結果はコンボ13となり魔導石3個がプレゼントされることに
GAME Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月17日(日)20時01分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。