今夜の「しぶんぎ座流星群」は1時間で最大35個の観測チャンス、ウェザーニューズが国内7カ所から生中継 

INTERNET Watch 01月03日(火)06時00分配信
1月4日3時の放射点の位置(東京)

 ウェザーニューズ<4825>株式会社は、3日夜~4日未明にピークを迎える「しぶんぎ座流星群」のライブ中継を全国7カ所から実施する。第1部は「YouTube Live」「LINE<3938> LIVE」「Periscope」にて21~23時に実施。第2部は「ニコニコ生放送」「YouTube Live」「LINE<3938> LIVE」「FRESH!」など各種動画サイトで22~25時に配信する予定(LINE<3938> LIVEのみ23~25時)。

 しぶんぎ座流星群は、「りゅう座」「おおぐま座」「うしかい座」の辺りにかつて存在した星座「壁面四分儀座」付近に放射点があることが名称の由来。8月の「ペルセウス座流星群」、12月の「ふたご座流星群」と並ぶ三大流星群とされている。

 活動が活発になる期間が数時間と短く、流星の出現数が毎年変化するのが特徴。ウェザーニューズ<4825>によると、今年のピークとなるのは3日23時ごろで、月明かりの影響がなく、1時間で最大35個程度の流量を楽しめるチャンスだという。

 ウェザーニューズ<4825>では、アプリ「ウェザーニュースタッチ」の有料会員向け機能として「流星キャッチャー」を提供。流星が観測されると3分以内に動画を編集し、スマートフォンにプッシュ通知で知らせる。「星空Ch.」で登録を受け付けている。

有料会員向けの「流星キャッチャー」
INTERNET Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月03日(火)06時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】