「Instagram Stories」における広告の試験運用開始、ビジネスツール内でインサイトの閲覧も可能に 

INTERNET Watch 01月12日(木)20時10分配信

 Instagramは11日、メッセージの自動削除機能を備える「Instagram Stories」において、広告の試験運用を開始する。現在、資生堂<4911>、ナイキ、ユニリーバの「ダヴ」、ゼネラルモーターズ、エアビーアンドビーなど30を超える広告主が決定。今後数週間をかけて全ユーザーへ展開していく。

 Instagramによると、Instagram Storiesは1億5000人/日を超えるユーザーが利用しているという。広告の導入によって広告主はより視覚的で没入感が高く、直感的な形式で消費者に有益な情報を届けることができるとしている。

 また、2016年8月より日本でも提供を開始したビジネスツール内で、Instagram Storiesの投稿に関するインサイト<2172>も閲覧できるようになった。広告主に限らず、ビジネスプロフィールを利用しているアカウントであれば誰でもインプレッション数、返信数などのインサイト<2172>を閲覧できる。

INTERNET Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月12日(木)20時10分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】