Mastodonインスタンスのセットアップ用スクリプト、さくらのクラウドで提供 

INTERNET Watch 2017年04月19日(水)12時07分配信

 さくらインターネット<3778>株式会社は18日、パブリッククラウドサービス「さくらのクラウド」において、「Mastodon」インスタンスのセットアップ用スタートアップスクリプトの提供を開始した。対応OSは「CentOS 7.x」。

 Mastodonは、Twitterライク<2462>な投稿ができる分散型ソーシャルネットワークを実現するオープンソースソフト。提供されるMastodonスタートアップスクリプトを利用するには、事前に「さくらのクラウド コントロールパネル」において、DNSゾーンを追加し、追加したゾーンの詳細画面でドメインのレジストラの設定画面からDNSサーバーを変更、APIキーも作成しておく。

 その後、サーバーを追加してMastodonスタートアップスクリプトを配置し、追加したDNSゾーン名とAPIキーを入力するだけで、Mastodonインスタンスをセットアップできる。

 その後、ウェブブラウザーで「https://<DNSゾーン名>/」に接続し、Mastodonへの参加画面が表示されれば、セットアップは完了している。

INTERNET Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年04月19日(水)12時07分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】