みずほ銀行やJCBをかたるウイルスメールが拡散中、警視庁が注意を呼び掛け 

INTERNET Watch 2017年11月14日(火)18時14分配信

 みずほ銀行をかたるウイルスメールが拡散中だとして、警視庁サイバー犯罪対策課がTwitterアカウントを通じて注意を呼び掛けている。


 メールの送信日は11月14日で、件名は「『みずほ銀行カードローン』仮申し込みの審査結果のご連絡」。みずほ銀行カードローンの仮申し込み審査結果を通知するような内容になっており、記載されたリンクをクリックするとウイルス付きZIPファイルをダウンロードするサイトにアクセスする。

みずほ銀行をかたるウイルスメール(JC3の注意喚起情報ページより)

 このほかにも、ジェーシービー(JCB)をかたるウイルスメールが同日拡散されていることを確認している。

 メールの件名は「JCBカード2017年11月14日分お振替内容確定のご案内」。11月14日分の振替内容確定を通知するように見せかけており、こちらもメール本文に記載されたリンクをクリックするとウイルス付きZIPファイルをダウンロードするサイトにアクセスする。

 ジェーシービーによると、ウイルスメール本文にユーザーの氏名が記載されておらず、カード名称(例:ANA ToMe CARD PASMOなど)から始まっているのが特徴だという。また、同社からの正規のメールの本文には「(スマートフォンクライアントのAPPがメンテナンスとグレードアップのため、MyJCBアプリ(無料)は、最新の請求情報の問い合わせをご利用いただけないかもしれません。個人PCでログインしてお調べください。ご迷惑をおかけして申し訳御座いません。ご了承ください。)」といった記載はないとして、注意を促している。

ジェーシービーをかたるウイルスメール(JC3の注意喚起情報ページより)
INTERNET Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月14日(火)18時14分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。