インテル、同社ブランド初の商用ドローン「Intel Falcon 8+」を発表

CNET Japan 2016年10月13日(木)10時40分配信

 Intelが米国時間10月11日、Intelブランド初の商用ドローンを発表した。

 「Intel Falcon 8+」は、時速35マイル(約56km)で飛行可能なハイエンドのV型オクトコプター。ジョイスティックとタブレットが装備された防水仕様の「Intel Cockpit」で制御する。冗長電源ユニットを使用して1回あたり最大26分間飛行できる。

 娯楽用のドローンとは異なり、Falcon 8+システムは、工業検査、測量、地図作製など、さまざまな商用アプリケーションをターゲットとしている。また、自動操縦システム「AscTec Trinity」を搭載している。Intelによると、「ミリメートル精度までの詳細な画像を提供し、インフラの欠陥を検出および防止するための構造分析が可能」だという。

 Falcon 8+の基になっているのは、「AscTec Falcon 8」だ。Intelは2016年1月に発表したAscending Technologies買収により、同技術を取得した。

 Intelは、同ドローンの価格や発売地域などの詳細情報を明らかにしていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月13日(木)10時40分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】