ポケモンGOとハリポタが合体したようなARゲーム「Maguss」--魔法の杖で決闘だ!

CNET Japan 10月13日(木)17時34分配信

 テレビのニュースで取り上げられるほど世界中で話題になった拡張現実(AR)位置情報ゲーム「ポケモンGO( Pokemon GO)」だが、ブームは落ち着いてきただろうか。世界的な人気コンテンツといえば、魔法使いの世界を描いたファンタジー<4343>「ハリーポッター(ハリポタ)」シリーズの新作「ハリーポッターと呪いの子」も見逃せない。

 そこで今回は、現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」に登場した、ポケモンGOとハリポタを合体させたようなARゲーム「Maguss」を紹介しよう。

 Magussは、現実の世界を舞台にスマートフォンでプレイする、AR対応の大規模多人数参加型ロールプレイングゲーム(MMORPG)。プレイヤーは4つあるグループ「Order of Enthrallment」「High Moon Brotherhood」「Fellowship of Wizardry」「Circle of The Guiled」のいずれかに加入し、魔法の学習、ダンジョンの探検、モンスターとの対決、薬草の収集、ほかの魔法使いとの決闘などを通じて各グループのために活動する。

 魔法は、スマートフォンの画面を指で操作してかける。さらに、丈夫なプラスチック、35センチ、Bluetooth対応という魔法の杖「Maguss Wand」を正しく振って魔法をかけることも可能だ。

 Indiegogoでの目標金額は5万ドル。記事執筆時点(日本時間10月13日15時)で約1万9000ドルの資金を集めている。キャンペーン期間はあと1カ月ある。


CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月13日(木)17時34分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】