ソニー、世界最速0.05秒AFを備えた「RX100 V」

CNET Japan 2016年10月14日(金)12時33分配信

 ソニー<6758>は10月14日、プレミアムコンパクトデジカメ「RX」シリーズに、世界最速0.05秒の高速AFを備えた「RX100 V DSC-RX100M5」を発表した。AF/AE追従で最高24コマ/秒の高速連写を実現する。発売は10月21日。想定税別価格は12万円前後になる。

 RXシリーズでは初となる位相差検出方式とAF精度の高いコントラスト検出方式のメリットを兼ね備えたファストハイブリッドAFシステムを搭載し、高速AFと高速連写を実現。画像処理エンジン「BIONZ X」と新開発フロントエンドLSIにより、大容量画像データの高速処理することで、連続撮影をサポートする。

 動画撮影は、XAVC S、AVCHD規格に対応。XAVC Sによる4K動画撮影時でも、像面位相差検出AFセンサにより、追従性の高いピント合わせを実現。画素加算のない全画素読み出しにより、モアレやジャギーが少ない解像感の高い4K動画画質が得られる。

 レンズにはにはZEISS バリオゾナーT* 24-70mmを搭載。センサからの高速読み出しにより、ゴルフスイングなどの高速な被写体を撮影する際に起こりやすい動体歪み(ローリングシャッター現象)を低減する電子シャッターを最高1/32000秒までの高速シャッタースピードで実現する。

 ボディサイズは高さ58.1mm×幅101.6mm×奥行き41.0mmで、重量約299g。スーパースローモーション機能は、現行機「RX100 IV」に比べ撮影可能時間を約2倍に進化し、960fpsで最大6秒まで撮影できる。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月14日(金)12時33分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】