グーグル、写真共有サイト「Panoramio」を11月に閉鎖へ

CNET Japan 2016年10月14日(金)12時19分配信

 Googleは、写真共有サイト「Panoramio」を1カ月後に安楽死させる方針を示した。この決定は、良い時も悪い時も忠実であり続けてきたユーザーの間に新たな嘆きや怒りを引き起こしている。

 Panoramioのファンは先ごろ、米国時間11月4日を期限として「Panoramioを閉鎖する」というメッセージを目にした。Panoramioフォーラムのモデレーターが投稿したこの記事から情報が拡散すると、憤りや悲しみが広がった。

 Panoramioの名を聞いたことがないという人もいるかもしれないが、そういう人でも、このサイトの恩恵を受けたことがあるはずだ。Panoramioの写真は、「Google Maps」上の画像のメインソースとなっている。これはPanoramioが、特定の場所の写真を表示できるロケーションタギング(位置情報の付加)を早くから採用したことによる。Googleは、2007年に買収したPanoramioと2004年に買収したPicasaによって、早くからオンライン写真共有サービスに進出したが、いずれのサービスも廃止して「Google Photos」に注力しようとしている。

 コミュニティーが有益なコンテンツを無料でGoogleに追加し、新規メンバーを募り、ソーシャルのつながりを構築してサービスの力を維持することで、オンラインサービスは劇的に改善された。コミュニティーが閉鎖されるとなると、ごく一部のユーザーだけが享受していたものだとはいえ、これらの利点は問題に変わる。

 Googleは2014年にPanoramioを廃止しようとした。不満を抱いたユーザーが署名運動を展開し、1万人以上が激しい怒りを表明したことを受けて、Googleは2015年にPanoramioへの死刑宣告を減刑したが、このサイトの優先度が低いのは明らかだった。しかし、下降線をたどっていたにもかかわらず、一部のユーザーは忠実であり続けた。裏切られたと感じた一部のユーザーは、Googleを困らせることに意欲を燃やしているように見える。

 Panoramioのフォーラムで、「PavolG」というユーザーは次のように述べている。「私は数百万ビューを得ており、一部の写真は10万ビューを超えている。ローカルガイドバッジのレベル5まで行ったし、地図の間違いをたくさん報告してきたのに、その結果がどうだ?彼らは私に別れを告げようとしている。これからはレストランの写真だけを受け付けるから、もう君は必要ないと言うんだ」

 また、「c0l0gne1」というユーザーは次のように述べている。「2年前にほとんどの写真を削除しておいて良かった。後は、残った20枚の写真を削除すればいいだけだから。以前のPicasaアルバムもそうしよう」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月14日(金)12時19分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】