Twitter買収、有力候補とされたセールスフォースも見送り

CNET Japan 2016年10月17日(月)09時09分配信

 Twitterの売却先は当面見つからない見通しだ。数週間で複数の企業がTwitterの買収に関心を示したとされる中、買収を提案する可能性が最も高い企業としてSalesforce.comが残っていた。しかし、Salesforceの最高経営責任者(CEO)Marc Benioff氏はFinancial Times(FT)に対し、Salesforceが買収に関して検討を継続しない意向を明らかにした。

 「今回は手を引くことにした。われわれにとって適切な対象ではなかった」とBenioff氏は同紙に語った。Salesforceは米CNETに対し、Benioff氏の発言を認めたが、それ以上のコメントを控えた。Twitterはコメントを避けた。

 これまでにGoogle、Disney、Appleなどが買収を検討しているとされていたが、3社はすべて買収を断念したと報じられた

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月17日(月)09時09分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。