次世代の“魅せる”ビジュアルブログ「g.o.a.t」--ポジティブな情報発信の場に

CNET Japan 2016年10月18日(火)11時16分配信

 KDDI<9433> ウェブコミュニケーションズは10月18日、ビジュアルブログ「g.o.a.t(ゴート)」に、新レイアウト「Purple Haze(パープル・ヘイズ)」を追加したことを発表した。画面をスクロール<8005>しながら滑らかに変化する美しい写真を背景に、自分の想いを綴れるブログサービスへと生まれ変わった。これにあわせて、ロックバンド「Dragon Ash」のボーカル・Kjが出演する新たなプロモーションビデオも公開した。

 g.o.a.t は、画像や動画などの“ビジュアル”と文章が融合した、従来のテキスト中心のブログとは一線を画すサービスで、7月末にリリースされた。スマートフォンの普及により、Instagramを始めとする画像や動画を前面に押し出したコミュニケーションが一般的になりつつある現代だからこそ生まれたサービスともいえる。

 独自のリサイズ技術によって、写真は高画質な状態のまま載せることができる。また、写真の切り抜きや、色味を加えるフィルタ、明るさやぼかしの調整など、ビジュアルを最大限に生かすためのさまざまな機能を備えており、画像編集をサービス内で完結して、すぐに投稿できる手軽さが特徴だ。複数の写真をきれいに並べるフォトギャラリーなども利用できる。

 プロカメラマンの写真を無料で利用できる「Pexels」や「ぱくたそ」など、各種ストックフォトサービスとも連携しており、ユーザーは自身の写真に加えて、1000枚以上のストックフォト画像の中から、書きたいブログのイメージにマッチする写真を選べる。

 もちろん、ブログの“書きやすさ”にもこだわっており、執筆に集中できるように、書いている文章は常に画面の中心に表示される。また、LINE<3938>のトーク画面のような、会話調の表現を取り入れることで、より臨場感のあるブログを書くこともできる。現在は、PC、モバイルともにウェブ版で提供しており、今後はスマートフォンアプリの提供も検討する。

雑誌や絵本のような表現ができる新レイアウト

 新たに追加されたレイアウトPurple Hazeは、背景を全面画像にしたブログレイアウト。自身の写真やストックフォトの写真を背景画像に設定し、通常のブログと同様に文章を書くだけで、背景の上に文章が自然な形で重なって表示される。公開されたページをスクロール<8005>すると、スムーズにクロスフェードで場面が切り替わるため、従来のブログにはないよりクリエイティブな表現を楽しめる。

 文章の背景に画像を組み合わせることで、雑誌のような表現ができる。また、イラストなどと組み合わせることで、たとえば縦スクロール<8005>の小説や絵本なども作れるため、g.o.a.tから既存の枠組みにとらわれない、斬新なブログが生まれることに期待していると、同社の代表取締役副社長である高畑哲平氏は語る。

 新レイアウト公開に合わせて、文章が映える背景や、ストーリーの場面展開に使いやすい色画像「Palette(パレット)」も追加された。ユーザーは今後、書く内容や見せたい方向性によって、現行のレイアウト「Layla(レイラ)」と新レイアウトPurple Hazeのどちらを使うかを、記事ごとに選んで使い分けられるようになる。


“ポジティブ”な情報発信の場に

 同社は、1997年からホスティング専門事業者としてサービスを提供してきたが、Amazon EC2などの競合サービスが台頭してきたこともあり、サーバ事業に並ぶ、新たな収益の柱を作る必要があった。そこで、クラウド電話API「Twilio」やウェブサイト作成サービス「Jimdo」などを展開。ユーザー数も順調に増えているが、これらはいずれも海外発のサービスを国内で展開するものだった。

 そこで、日本発のサービスを生み出したいという思いから開発されたのが、ビジュアルブログg.o.a.t(「Greatest of All Time」の略)だ。「このSNS時代になぜブログ?」と思われるかもしれないが、近況や思ったことをライトに共有するだけならSNSで十分だが、自身の考えや感じたことを丁寧かつ正確に発信するにはブログの方が向いていると高畑氏は話す。

 また、クラウド電話APIのTwilioはサービス内容が理解されるまでに時間がかかったが、ウェブサイト作成サービスのJimdoは比較的早くユーザーに受け入れられたという。こうした経験から、「世の中に全くない概念を広げるには時間や労力がかかる」と考え、あえて消費者が慣れ親しんだ「ブログ」という表現を選んだと説明する。

 ビジュアルを中心にしたことにも理由がある。前述したように、画像SNSなどが支持を集めていることも背景にはあるが、それ以上に写真や動画を前面に出すことで、より“ポジティブな情報”が発信されやすい場になると考えているからだ。書き手が自分の伝えたいこと、表現したいことを自由に発信できるように、あえてブログでは一般的な読者のコメント機能も搭載していない。

 「従来のテキスト中心のコミュニケーションでは、真っ白な画面の上に書き込むため、時には内容が過激になり、批判やネガティブなものになることもあった。一方、ビジュアル中心のInstagramなどは、ある種“自慢する場”にもなっているが、批判などは起こりにくい文化がある」(高畑氏)。これをブログでも実現しようとしているのがg.o.a.tなのだという。

 ブログの美しさを優先し、広告を一切表示しないこともg.o.a.tの特徴だ。現在は完全無料でサービスを提供しており、今後はさまざまな機能を数百円からの都度課金で購入できるようにする予定。また、当面はユーザーを増やすことに注力するが、「note」のようにユーザーが読者に対して課金できる機能なども検討するという。

 7月27日にサービスを開始したばかりということもあり、ユーザー数は非公開だが、急速に伸びていると高畑氏。書き手は、ミュージシャン、アーティスト、エコノミスト、IT関係者、医者など幅広いそうだ。また、当然ながらカメラ好きのユーザーが多く、記事の末尾にカメラやレンズの情報を記載する人もいるという。そこで、9月14日には、写真の撮影情報(カメラ、レンズ、焦点距離、f値、露出時間、ISO感度)を自動的に取得し、表示する機能を搭載した。

 今後は海外展開も積極的に進める。もともとグローバル展開を念頭に置いて作られたサービスであるため、当初から日本語と英語に対応していたが、新たにグローバル担当も採用し、本格的にマーケティングを開始する準備をしているという。同社は、Twilioで米国に、Jimdoでドイツにネットワークがあるため、それぞれの拠点と連携しながら、まずは英語圏にサービスを展開したい考えだ。そして、将来的には海外のユーザー比率を全体の7割程度まで上げたいとしている。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月18日(火)11時16分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。