パイオニア、Dolby AtmosとDTS:X対応のバースピーカシステム--天井からの反射音を利用

CNET Japan 2016年10月18日(火)18時51分配信

 オンキヨー<6628>&パイオニアマーケティングジャパンは10月18日、パイオニアブランドより、Dolby AtmosとDTS<9682>:Xに対応したバースピーカシステム「FS<2159>-EB70」を発表した。11月上旬に発売する。税別価格は13万円。

 FS<2159>-EB70は、高さ53mm×幅950mm×奥行き80mmのスリムなバースピーカー部に、フロント、センター、ハイト(上向き)用スピーカを内蔵。天井からの反射音を利用することで、Dolby AtmosやDTS<9682>:Xの再生を可能としている。

 ドルビーの「サラウンドエンハンサー」モードを搭載し、本機の3.1.2chのスピーカ構成でも、単品コンポの5.1.2chセッティングのような臨場感を楽しめる。付属の集音マイクで測定した周波数と音圧レベルで音場を補正する自動音場補正技術「MCACC」も搭載した。

 BDレコーダーやゲーム機などを接続するAVレシーバ部は独立しており、ラック<3857>に収納が可能。スピーカバーとの接続は専用ケーブル1本で、サブウーファ部はワイヤレス仕様となっているので、テレビ周りをすっきり整えられる。HDCP 2.2に対応したHDMI端子は入力4系統、出力1系統(ARC対応)を備える。

 Wi-Fi/Bluetoothを搭載し、Google CastやAirPlayに対応。スマートフォンやタブレットなど対応機器の音楽をワイヤレスで再生可能だ。「radiko.jp」「TuneIn」などのインターネットラジオに対応し、ワイドFM対応のFM チューナも搭載している。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月18日(火)18時51分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】