パイオニア、アルミフロントパネルを採用したCDミニコンポーネントシステム「X-HM26」

CNET Japan 2016年10月20日(木)11時55分配信

 オンキヨー<6628>&パイオニアマーケティングジャパンは10月19日、パイオニアブランドより、アルミのフロントパネルで上質な外観を実現した、CDミニコンポーネントシステム「X-HM26」を発表した。10月下旬に発売する。想定税別価格は2万5000円前後。

 X-HM26は、フロントパネルの材質にアルミニウムを採用し、上質な外観を実現。CDに加え、USBメモリやCD-R/RWに記録したMP3ファイル、FM/AMラジオの再生に対応し、AMラジオをFMで補完放送する「ワイドFM」にも対応している。

 Bluetooth機能を備え、スマートフォンやタブレットなど対応機器の楽曲をワイヤレスで再生可能。「Bluetoothオートコネクト機能」と「Bluetoothスタンバイ機能」により、本機の電源が切れていても、Bluetooth対応機器からワイヤレス接続すると同時に本機の電源が入り、再生が始まる仕組みだ。

 総合出力30W(15W+15W)の高性能アンプに、大口径100mmのウーファと 20mmドームトゥイータを搭載した2ウェイスピーカを組み合わせることにより、迫力のある低音とクリアな音楽再生を実現。待機時消費電力は0.5W以下で、無操作時にスタンバイモードに移行する「オートパワーオフ機能」を搭載している。

 レシーバ部のサイズは、高さ95mm×幅215mm×奥行き315mmで、重量は2kg。スピーカ部のサイズ(1台)は、高さ212mm×幅130mm×奥行き228.5mmで、重量は2kg。レシーバ部に、音声入力端子(ステレオミニ)1系統、ヘッドホン端子(ステレオミニ)1系統、USB端子1系統を備える。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月20日(木)11時55分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】