電子署名に決済機能を--「DocuSign Payments」が近く提供開始

CNET Japan 10月24日(月)11時30分配信

 電子署名や電子取引管理を手掛けるDocuSignは米国時間10月20日、「DocuSign Payments」を近くリリースすると発表した。同社にとってここ数年で最大の新サービスで、現行の署名プロセスに決済機能を追加するものだ。

 13年前に創業した同社は、決済サービスを提供するStripeと提携し、2017年初めに新サービスを展開する予定だ。現在は限定的なベータテスト段階に入っている。サービス開始時には、契約から決済までのプロセスで「Apple Pay」「Android Pay」や大手のクレジットカードを利用する選択肢を顧客に提供し、その後すぐに「PayPal」「Authorize.net」といった他の決済オプションを追加する予定だ。

 ユーザーは、1度の設定プロセスを実行するだけで、決済用ゲートウェイを使ったDocuSignへの接続が可能になる。その後は、さまざまな契約書や合意書に、決済用タグを追加して送信できる。受領者の署名と決済が終わると、すぐに代金が徴収される。

 DocuSignの最高製品責任者(CPO)を務めるRon Hirson氏は、次のように語る。「周知のように、商品を購入するときはほぼすべての場合、複数の決済オプションが利用できる。そこで当社が目指したのは、契約書に電子署名をするときも同様に、迅速かつ容易で安全な、デジタルで完結する体験を提供することだ」

 さまざまな分野で採用される見込みがあるのは明らかで、DocuSignが自社で実施した市場調査も、新サービスに対するニーズが高いことを示唆している。調査対象の企業の65%は、決済の遅れや代金の回収不能を経験していたという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月24日(月)11時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】