「Apple Payで日常が変わる」--担当VPが語るセキュリティ

CNET Japan 10月25日(火)16時10分配信

 10月25日早朝、いよいよアップルの電子決済サービス「Apple Pay」がスタートした。午前2時に公開されたアップデート「iOS 10.1」を適用すると、Apple Payを利用できるようになる。

 日本国内で販売するiPhone7/7 PlusまたはApple Watch Series 2はNFCに対応しており、待望の「Suica」対応に加え、クレジットカードでの決済もiD/QUICPayで使えるお店で利用可能だ。

 アップルは、9月に開催した「Apple Special Event」で、新iPhoneとともに日本でもApple Payをスタートすると発表。Apple CEOのティム・クック氏が10月に来日したときも、iPhoneを使って改札を出る姿を見せており、まもなくスタートすると期待されていた。

iOSは「10.1」にバージョンアップ

 Apple Payは、10.1にアップデートすると、Walletアプリケーションからクレジットカードなどを登録できる。JR東日本<9020>は、Suicaの新規発行や機種変更などの手続きが行えるアプリSuicaをApp Storeで配信中だ。また、iOSだけでなく、Watch OSとmacOSもアップデートが配信されている。Apple Payに対応するためには、それぞれ最新版のインストールが必要になる。

Apple Payを利用できる機種と対応カードは?

 日本で販売されるiPhone 7/7 Plus、Apple Watch Series 2のみが、FeliCa Type-Fを搭載しており、Suica/iD/QUICPayでの決済に対応する。海外で販売される端末は非対応だ。

 Phone 6以降、iPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 3以降では、対応するアプリケーションやSafariで購入した商品やサービスの支払いをする場合にApple Payを利用できる。また、2012年以降に発売され、macOS SierraがインストールされたMacでも、SafariでApple Payを利用でき、iPhone 6以降またはApple Watchで支払いを承認するといった使い方も可能だ。

 Apple Payに対応するカードは、AEON、オリコ<8585>クレディセゾン<8253>、JCB、トヨタファイナンスのTS CUBIC CARD、ビューカード、三井住友<8316>カード、楽天<4755>カード、ドコモのdカード、KDDI<9433>のau WALLETクレジットカード、ソフトバンクカードだ。今後、三菱UFJニコスカードにも対応していく予定(10月24日時点)という。

 なお、Apple Payで設定したクレジットカードやプリペイドカードは、QUICPayまたはiDとして割り当てられ、日本全国の店で支払いに使えるようになる。

 日本のApple Payは、VISAに対応しないとして話題になったが、同じApple Pay対応のカードでも、VISAかMasterCardブランドかによって使える機能に差がある。

 例えば、KDDI<9433>のau WALLETクレジットカードはMasterCardとVISAの2ブランドで展開されているが、au WALLETクレジットカードを持ち、iPhone 7/7 PlusあるいはApple Watch Series 2を利用している場合、リアルの店舗ではいずれのブランドでもQUICPayとして支払える。さらに、MasterCardブランドの所有者は、アプリケーションやオンラインショッピングの支払いにもApple Payが使えるが、Visaブランドの場合は対応しないといったケースがある。

QUICPayとApple Pay
  • オリコ<8585>
  • セゾンカード
  • au WALLET クレジットカード
  • JCB
  • セブンカード
  • TS CUBIC CARD(トヨタファイナンス)
  • ビューカード
  • 三菱UFJニコス
iDとApple Pay

Apple Pay担当VPが語る、Apple Payがセキュアな理由

 今回のスタートにあわせて、Apple Pay(アップルペイ)担当バイスプレジデント ジェニファー・ベイリー氏が来日。「Apple Payは非常に簡単かつプライバシーを保ちながら決済できる。Apple Payで日常が変わる」と語った。

 ベイリー氏は、「日本における決済取引の80%近く、かつ主要加盟店の80%をカバーする」と自信を見せる。また、今後は地方銀行とも連携するなどし、100%に近づけていきたいと説明した。

 アップルのウェブサイトには、Apple Payに対応しているアジア太平洋地域の銀行とカード発行会社がリスト化されており、日本の状況も閲覧できる。

 Apple Payはセキュリティの高さも特徴の一つだ。もし、iPhoneやiPad、Apple Watchを紛失した場合でも、「iPhoneを探す」機能で紛失モードに設定するとApple Payの利用を一時停止できる。iCloud. comにログインし、Apple Payの支払いを停止することも可能だ。また、リモートワイプ(遠隔消去)によって端末に保管されているApple Payを含む個人情報を消去できる。

 また、紛失後にデバイスが見つかった場合、iCloudのバックアップからリストアすることで元に戻せるとしている。

 クレジットカード番号はデバイスやAppleのサーバに保管されることはないという。端末には、各デバイス固有のアカウント番号が発行され、暗号化された状態で安全にデバイス内のセキュアエレメントに保管される。また、Apple Payを利用する際に、クレジットカード番号が加盟店に通知されることもない。

 今回のOSのバージョンアップでは、標準搭載する「マップ」が国内の交通機関情報に対応した。予定した経路の運賃が所持するSuicaの残額を超える場合、iPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2のApple Payのユーザーはチャージが必要なことを知らせるアラート機能も備えるという。

 なお、先行して実際にApple Payを利用して店舗でショッピングしたり、タクシーの支払いをする体験をした。その様子はこちらの記事にまとめた。このほか、Suicaやマップ、クレジットカードの登録を実際に試したレポートは、また別途お伝えする予定だ。

Apple Payに対応したアプリケーションとキャンペーン

 なお、Apple Payの支払いは、リアル店舗だけでなく対応するアプリでも行える。決済はあらかじめ登録した指紋認証(Touch ID)で、ホームボタンに指を載せるだけだ。ここでは、Apple Payに対応したアプリケーションとキャンペーンを紹介する。

Apple Payで買い物すると10%割引に--Minnne

Minne (app & web)
Minne

Apple Payでコンビニ商品を購入すると、送り主にも同じものが届く(先着2万名)--giftee

Giftee(app)
Giftee

買い物が10%オフに--BASE

BASE(app)
BASE

Apple Pay利用で先着1万名に1500円タクシークーポン--全国タクシー

全国タクシー(app)
全国タクシー

Apple Pay利用と登録で1000Tポイント--出前館

出前館(app)
出前館

初回、Apple Payで予約すると1000ポイント--じゃらん

じゃらん(app)
じゃらん

Apple Payの利用で300円クーポン--Toho シネマズ

Toho シネマズ(app)
Toho シネマズ
CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月25日(火)16時10分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】