硬貨サイズのWi-Fi対応Linuxコンピュータ「VoCore2」--価格は4ドルから

CNET Japan 10月25日(火)16時20分配信

 電子工作好きの人なら、クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中のLinuxコンピュータ「VoCore2」を見てワクワクするはずだ。ソフトからハードまで完全なオープンソースなうえ、大きさがコインと同じくらいしかないのだから、アイデア次第で多種多様な用途に活用できるだろう。

 VoCore2は、約25mm角、厚さ約3mmの基板に実装されたLinuxコンピュータ。小さいながら、Ethernetに接続したり、無線LAN(Wi-Fi)でワイヤレス通信させたりできる。ストレージ用メモリも備えており、メディアサーバ、ルータ、ネットワークストレージなどとして使える。

 小さく軽いため、壁に貼り付けたり、ほかのデバイスに組み込んだりしやすい。モノのインターネット(IoT)機器の自作や、自宅でのメッシュネット構築も可能だ。

 インターフェイスはEthernetとWi-Fiのほか、USB 2.0 Host、UART、SD、SPI、I2C、GPIOを搭載。

 今回のキャンペーンでは、下位モデルの「VoCore2 Lite」を4ドル、上位モデルの「VoCore2」を12ドルで販売する。いずれもプロセッサは動作周波数580MHzの「MT7688AN」で、基本性能は変わらない。主な相違は以下のとおり。

    【VoCore2】

  • RAM:128Mバイト
  • ストレージ:16Mバイト
  • Wi-Fi最大速度:300Mbps

    【VoCore2 Lite】

  • RAM:64Mバイト
  • ストレージ:8Mバイト
  • Wi-Fi最大速度:150Mbps
  •  Indiegogoでの目標金額は6000ドル。記事執筆時点(日本時間10月25日11時)でキャンペーン期間は1カ月残っているが、すでに目標の6倍を超える約3万7000ドルの資金を集めている。

    出典:Indiegogo
CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月25日(火)16時20分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】