身売り難航のTwitter、約300人の人員削減を計画か

CNET Japan 2016年10月26日(水)08時09分配信

 Twitterが数百人規模の人員削減を計画しており、早ければ第3四半期決算報告を前に今週にも発表される可能性があるという。Bloombergが米国時間10月24日に報じた。

 財政的に問題を抱える同社は、全従業員の8%に相当する約300人を解雇する計画だと、Bloombergは事情に詳しい匿名情報筋らの話として報じている。1年前にJack Dorsey氏が最高経営責任者(CEO)に復帰した後に実施された人員削減とほぼ同規模だ。

 この報道の背景として、Twitterはユーザー層拡大に苦しんでおり、莫大なユーザー数をさらに増加させているFacebook、Instagram、Snapchatの提供元Snapなどの競合企業の成長に追いつけずにいる。その結果、同社の株価はこの12カ月間で40%下落した。

 数週間にわたり、Google、Salesforce、Disney、Appleなど複数の企業が、Twitter買収に関心を示しているといううわさが流れていた。これらの企業のすべてが買収を断念したと報じられる中、人員削減によってTwitterは負荷を軽減し、より手頃な買収金額を売却先候補に示せるようになる可能性がある。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月26日(水)08時09分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】