メタップス、韓国のプリペイド型電子マネー会社「Smartcon」を9.4億円で買収

CNET Japan 2016年10月26日(水)15時17分配信

 メタップス<6172>は10月25日、連結子会社であるMetaps Plusを通じて、韓国のFinTech企業であるSmartconを約9.4億円で買収することを発表した。株式の譲渡日は11月11日の予定。

 Smartconは、韓国においてオンラインで利用できるプリペイドカードやプリペイド型電子マネーの発行・管理をしている企業。メタップス<6172>によれば、韓国ではスマートフォンで利用できるプリペイドカードや電子マネーを使った決済手段が急速に普及してきており、Smartconもこの領域で急成長しているという。

 両社は、メタップスグループがこれまで培ってきたスマートフォンマーケティングやオンライン決済の知見と、Smartconの持つプリペイドカードや電子マネーの発行・管理の知見を融合させることで、新たな決済ソリューションの開発や顧客の経済圏の形成を、ワンストップで支援できる体制の構築を目指すとしている。

 メタップスグループは、マーケティング事業やファイナンス事業を中心に、独自の経済圏の形成をビジネスモデルとしており、中華圏、韓国を中心に海外の売上高はマーケティング事業の約6割を占めるまでに拡大。2020年に向けた中期経営方針において、決済を軸としたFinTech戦略を重点投資領域として掲げており、「決済・通貨・融資・投資・保険・管理」の6分野での積極的な事業展開を進める予定だという。

 Smartconを子会社化することで、同社のFinTech戦略における「決済」と「通貨」の分野での事業基盤の強化と、ファイナンス事業におけるアジア展開の強化を図るとしている。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月26日(水)15時17分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】