MS、Windows 10の次期大型更新「Creators Update」発表--3D機能をアピール

CNET Japan 10月27日(木)11時46分配信

 Microsftは米国時間10月26日、ニューヨークでイベントを開催し、Windows 10の次期大型アップデート「Creators Update」を発表した。2017年前半に提供開始するという。古くから親しまれているグラフィックスプログラム「Paint」の3D対応版が提供され、3DデータをFacebookに表示できるようになるなど、クリエイティビティツールが強化される。

 Creators Updateでは、「PowerPoint」やPaintなどの各種アプリケーションに3Dコンテンツを作成する機能が追加される。3D画像は画面上に表示できるほか、同社の「HoloLens」ヘッドセットを使って3Dホログラムとして投影できるようになるという。

 Microsoftは、レノボやDellなどが3Dアクセサリを製造し、米国では最廉価モデルの場合299ドルで販売することも発表した。これによって、ユーザーは3Dコンテンツを体験したり制作したりすることができるようになる。

 またイベントでは、「Edge」ブラウザを使って拡張現実(AR)や複合現実(MR)体験ができるHoloLensの機能の詳細が説明された。

 さらにCreators Updateはゲーム配信サービス「Beam」を統合し、eスポーツを想定した設計となっているため、ゲームのプレーヤーは、ゲームプレイの様子を友人やインターネットに配信できる。

 またこのアップデートでは、さまざまなアプリからのメッセージをユーザーのデスクトップに送ることが可能になる。Skypeや電子メール、SMS、「Xbox Live」からのメッセージを画面上の通知から確認し、選択したアプリで返信できるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月27日(木)11時46分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】