セガ、東京オリンピックをテーマとするゲームソフトのライセンスを独占取得

CNET Japan 2016年10月27日(木)14時50分配信

 セガホールディングスは10月27日、国際オリンピック委員会のライセンシーであるInternational Sports Multimediaと、東京2020オリンピック競技大会(東京オリンピック)を題材にしたゲームソフトの開発や販売に関するライセンス契約を締結したと発表した。

 この契約締結により、家庭用ゲーム機、ハンドヘルド機、モバイル、オンラインおよび業務用ゲーム機に向けて、東京オリンピック公式ゲームソフトの開発や販売が可能となる。

 セガグループによるオリンピック公式ゲームソフトのライセンス取得は、2008年の北京オリンピックを皮切りに、2010年のバンクーバーオリンピック、2012年のロンドンオリンピック、2014年のソチオリンピック、2016年のリオオリンピックと続けて行われ、今回で6回目となる。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年10月27日(木)14時50分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】