トヨタ、カーシェアリングサービス企業Getaroundに出資か--Reuters

CNET Japan 10月31日(月)10時12分配信

 トヨタ自動車<7203>が、米国のカーシェアリングサービス企業Getaroundに出資したという。Reutersが報じた。同社の投資ファンドMirai Creation Investment Limited Partnershipを通して出資したという。

 出資額は不明だが、日本経済新聞は約1000万ドルと推定している。このファンドは人工知能やロボティクスにも投資している。

 自律走行機能が進歩し、さらに都会で自動車を所有するコストが高まる中、カーシェアリングはますます人気を増すことが予想される。駐車場や登録などのコストを考えると、都会に住む多くの人々にとって、必要に応じて数時間だけ車を借りる方が簡単だ。

 トヨタ以外にも多数の自動車メーカーが既にカーシェアリングに乗り出している。「Audi shared fleet」のほか、General Motorsは「Maven」というサービスを立ち上げ、BMWも「ReachNow」というサービスをますます拡大させている。いずれも分単位または時間単位で自動車をレンタルするサービスだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 10月31日(月)10時12分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】