苦境のGoPro、4期連続の減収--通期見通しも下方修正

CNET Japan 11月04日(金)10時53分配信

 GoProの第3四半期決算(9月30日締め)は売上高が40%減となり、通期見通しも下方修正した。アナリスト予想を下回ったことを受けて、米国時間11月3日、同社の株価は急落した。

 第3四半期、GoProの売上高は2億4060万ドルで、前年同期の4億30万ドルから減少した。同社が4四半期連続の減収となった決算を発表する前に、GoProの株式は取引が停止された。

 GoProの創設者であり最高経営責任者(CEO)のNicholas Woodman氏は、事前に準備した声明の中で、「これらは、当社がこれまでに作った最高の製品であり、消費者需要も堅調だ。今のGoProは、シームレスに物語を伝える体験だ。これまでのところ、当社は顧客の反応に非常に満足している」と述べた。

 「2017年の見通しについては、強力な新製品と2桁の売上増、約6億5000万ドルの年間営業経費によって、黒字転換したいと考えている」(Woodman氏)

 GoProは新しいドローンとフラッグシップカメラ「HERO」の成功による売り上げ増加を見込む。第3四半期決算に、これら2つの製品の売り上げは含まれていない。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月04日(金)10時53分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】