どこにでも持ち歩ける24型ディスプレイ「SPUD」--傘をさすように広げて使う

CNET Japan 2016年11月04日(金)16時03分配信

 24インチのディスプレイを持ち歩く、と聞いて信じられるだろうか。クラウドファンディングサービス「Kickstarter」に登場した「Spontaneous Pop-up Display(SPUD)」なら、それが無理なく実現可能だ。

 SPUDは、折りたたみ式の投影型ディスプレイ。傘をさすように広げると、内部に組み込まれたプロジェクタによって、24インチ(1280×720ピクセル<2743>)サイズの画面が手前のスクリーンに表示される。畳めばサイズ17×5.5×19cm、重さ2ポンド(約1kg)弱になり、負担なく持ち歩ける。

 HDMIケーブルを使って、ノートPCやスマートフォン、タブレットと接続可能。さらに、「Chromecast」「Microsoft Wireless Display Adapter」「Fire TV Stick」「Roku Stick」などによる無線映像出力にも対応している。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間12月17日まで。記事執筆時点(日本時間11月4日15時)でキャンペーン期間は42日残っているが、すでに目標金額3万3000ドルの7倍近い約22万9000ドルの資金を集めている。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月04日(金)16時03分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】