サムスン、「Galaxy S8」にAIデジタルアシスタント搭載か--家電やウェアラブルにも

CNET Japan 2016年11月10日(木)19時43分配信

 サムスンは米国時間11月6日、次期スマートフォン「Galaxy S8」で人工知能(AI)に基づくデジタルアシスタントサービスを提供するつもりだと述べたという。Reutersが報じた

 サムスンは10月、「Viv」の開発元であるAI新興企業を買収すると発表していた。Vivは、ユーザーの日々の作業を一手に処理することを目指す音声アシスタントだ。サムスンはこのプラットフォームを、同社の「Galaxy」シリーズのスマートフォンのほか、家電やウエアラブル機器にも搭載する計画だとReutersは報じている。

 サムスンはデジタルアシスタントによって、過熱問題でリコールと製造中止に追い込まれた「Galaxy Note7」で急降下した企業イメージと業績の回復を図りたい考えだ。サムスンのモバイル部門は10月、営業利益が約96%減少したと報告していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月10日(木)19時43分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。