三井住友銀行が名刺管理「Sansan」をメガバンクで初めて導入

CNET Japan 11月07日(月)09時20分配信

 Sansanは11月7日、三井住友銀行が、クラウド名刺管理サービス「Sansan」の試験導入を開始すると発表した。メガバンク初の導入となり、将来的には三井住友フィナンシャルグループ<8316>各社への展開も視野に入れているという。

 三井住友銀行では、独自のCRMシステムを構築し、顧客情報や商談履歴を蓄積したり、関連する部署で共有したりしてきた。その中で、「取引先の誰と行内の誰がいつ会ったのか」という個々の接点の情報を、網羅的かつ効率的に蓄積することで、顧客情報や商談履歴の記録・管理をより精緻化し、顧客対応力を高めたいという課題を抱えていたという。

 三井住友銀行がSansanを選んだ理由としては、(1)名刺管理業務の効率化、データベース化、その先の戦略的活用までを一連の流れとした洗練された仕組みであること、(2)クラウドサービスでコストを抑えつつ、速やかに導入可能であること、(3)名刺管理に特化し、蓄積されたノウハウに裏付けされた運用に乗るためのサポート体制、セキュリティ面の対応など、といった3つの観点が評価されたという。

 Sansanの導入により、利用者と三井住友銀行が触れ合った情報がすべて管理され、部門をまたいだ接点情報の共有や外部データベースと連携。また、連携を通じて得られる企業情報・人物情報との組み合わせを通じた戦略的なデータ活用が可能となるとしている。これにより、顧客とのコミュニケーションを活性化し、ビジネス提案に活用するなど、より付加価値の高いサービスの提供を目指すとのこと。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月07日(月)09時20分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】