グーグル「Safe Browsing」、違反を繰り返すサイトの警告を表示

CNET Japan 2016年11月10日(木)09時57分配信

 Googleは、安全ではないウェブサイトを特定し、ユーザーやウェブマスターに知らせて保護する「Safe Browsing」に新しい分類を追加した。同システムを欺こうとする悪質なウェブサイトからのユーザーの保護を強化することが狙いだ。

 GoogleのSafe Browsingは、マルウェア、望ましくないソフトウェア、フィッシング、ソーシャルエンジニアリングに関するGoogleのポリシーに違反していることが知られているウェブサイトをユーザーが訪問しようとした場合に、警告を発する。警告は、問題のサイトがもうユーザーを脅威にさらさないことをGoogleが確認するまで、表示され続ける。しかし、警告を解除してもらうまでの間だけ悪質なコンテンツを取り除き、警告が解除された時点で悪質な行為を再開するサイトがある。

 そこでGoogleは、このパターンを繰り返すサイトをユーザーに警告するためのラベルを新たに設けた。

 同社は米国時間11月8日、公式ブログの投稿で「8日からSafe Browsingは、このような種類のサイトを『Repeat Offenders』(違反を繰り返すサイト)として分類する」と説明した。「ハッキングされたウェブサイトはRepeat Offendersとして分類されないことに注意してほしい。有害なコンテンツを意図的に掲載するサイトのみに、このポリシーが適用される」(Googleブログ投稿)

 「Repeat Offenders」として分類されたサイトは30日間、再審査リクエストを送信できない。その間、そのサイトを訪問する場合の危険性を警告するメッセージが、ユーザーに対して表示され続けることになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月10日(木)09時57分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。