AIで絶滅危惧種を追跡--グーグル「TensorFlow」で海の写真からジュゴンを検出

CNET Japan 11月10日(木)19時34分配信

 私たちは絶滅の危機に瀕する愛らしい海洋生物が大好きだが、そこにも人工知能(AI)技術が進出してきた。

 具体的には、ジュゴンのことだ。ジュゴンを追跡するのは非常に難しい。研究者はドローンを使って上空から海を撮影しているが、それらの写真に写ったジュゴンを見つけるのは、とても困難だ。少なくとも、人間にとっては。

 そこでGoogleのニューラル・ネットワーク・ソフトウェア・プロジェクト「TensorFlow」の出番だ。ディベロッパーアドボケイトのJosh Gordon氏は米国時間11月9日、Googleの機械学習ブログに投稿した記事で、そう説明した。

 Gordon氏によると、豪マードック大学の研究者であるAmanda Hodgson氏とそのチームはオープンソースのTensorFlowソフトウェアを使って、写真に写ったジュゴンを検出する機能を開発したという。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月10日(木)19時34分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】