アドビ、動画マーケティング拡大に向けTubeMogulを買収

CNET Japan 2016年11月11日(金)11時02分配信

 Adobe Systemsは、動画広告プラットフォームを提供するTubeMogulを買収すると発表した。買収額は約5億4000万ドル。

 今回の買収により、Adobeは、多様な画面に対応するプログラマティック動画広告で足場を広げ、マーケティングやコンテンツ、分析といったサービスと組み合わせられるようになる。

 TubeMogulの株主は、保有株1株あたり14ドルの現金を手に入れる。買収は、Adobeの第1会計四半期に完了し、非GAAPベースの通期利益には影響しない見通しだ。

 Adobeとしては、「Adobe Marketing Cloud」を「TubeMogul」と統合し、多様な動画フォーマットに対応するねらいがある。動画はますます、多くのブランドにとって主要なマーケティング手段と見なされてきている。AdobeとTubeMogulは、共通の顧客を複数抱えている。

 TubeMogulは、そういった状況の中で食物連鎖に組み込まれており、今回の買収で解決しようとしている問題もそこにある。

 Adobeは最近になって、サービスのセット販売や統合を開始した。TubeMogulは、この計画にマッチする。Adobeは、マーケティングや「Adobe Audience Manager」「Adobe Analytics」のクラウドにTubeMogulを利用できる。

 TubeMogulの最高経営責任者(CEO)であるBrett Wilson氏は、Adobeのデジタルマーケティング部門で引き続きチームを率いる予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月11日(金)11時02分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】