「Daydream View」向けの「YouTube VR」アプリがリリース

CNET Japan 11月11日(金)10時40分配信

 YouTubeは、親会社のGoogleが開発した最新の仮想現実(VR)ヘッドセット「Daydream View」でVR動画を視聴できるアプリ「YouTube VR」をリリースした。

 難点は、少なくとも今のところ、Daydream Viewがないとアプリをチェックできないところだ。11月10日に米国などで発売されたDaydream Viewを使うには、Googleの新しいスマートフォン「Pixel」が必要となる。

 YouTubeは10日に投稿したブログで、この新しいスタンドアロンのVRアプリを使えば、360度カメラで撮影されたYouTube動画を存分に体験したり、同サイトに投稿された通常のあらゆる動画をバーチャルな映画館で「上映」して観賞したりできるとした。

 バーチャル映画館での動画観賞は、動画サービスを提供する多くの企業が採用している手だ。これにより、VRコンテンツがあまりなくてもVRアプリを提供できる。YouTubeは、すでに公開されているVRコンテンツを強調した。たとえば、人気ユーチューバーMeredith Fosterさんのお部屋ツアー、Tastemadeの料理動画、HuffPost RYOTのニュース速報などだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月11日(金)10時40分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】