落し物追跡タグ「MAMORIO」を活用した忘れ物通知サービス--東急で試験導入

CNET Japan 11月14日(月)13時17分配信

 東京急行電鉄<9005>とMAMORIOは11月11日、忘れ物の早期発見を目的に、11月15日から約6カ月間、東急線渋谷駅で落し物追跡タグを活用した忘れ物検索・通知サービスを試験導入すると発表した。

 MAMORIOは、Bluetooth Low Energyを搭載した世界最小(35.5mm)の落し物追跡タグ「MAMORIO」と、それを活用した忘れ物通知サービスを展開している。今回の取り組みは、ベンチャー企業と東急<9005>グループの事業共創を目的とした「東急<9005>アクセラレートプログラム2015」にMAMORIOが応募していたことから実現した。

 追跡タグを付けた所持品を紛失した際、MAMORIOが提供する「クラウドトラッキング機能」を利用することで、紛失物の位置情報が確認できる。これは、ほかのMAMORIOユーザーや、駅などの公共施設に設置されたMAMORIOアンテナがキャッチした追跡タグの信号<6741>から、紛失物の位置を特定するもの。

 今回の試験導入では、MAMORIOアンテナを東急線渋谷駅の忘れ物受付所(東横線・田園都市線渋谷駅ヒカリエ2改札口横の「お忘れ物受付所」)に設置。追跡タグの付いた紛失物の持ち主に位置情報を通知することで、忘れ物の早期受け渡しが可能になる。

 導入結果を踏まえ、MAMORIOは、各種交通機関や商業施設などの各種遺失物センターへのMAMORIOアンテナ設置を進めることで、追跡タグの利便性向上を図る予定だ。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月14日(月)13時17分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】