DMMが家電参入--50インチの4Kディスプレイが6万円切り、65インチも

CNET Japan 11月15日(火)18時16分配信

 DMM.comは11月15日、同社オリジナルブランドのデジタル家電として、50インチと65インチの4K液晶ディスプレイを発表した。税別価格は、50インチモデルが5万9900円、65インチモデルは15万9900円。DMMのオンラインストア以外にも、楽天市場、Amazon、蔦屋家電にて販売する。

 この液晶ディスプレイは、ハードウェアスタートアップのUPQがODM供給している。スペック面では、4K60p、120Hzの倍速駆動に対応。インターフェイスは、HDCP 2.2をサポートしたHDMI 2.0対応ポートを4端子搭載。2018年の4K実用放送時のチューナー接続も可能だ。そのほか、光デジタル出力端子、USBポートを搭載し、USBメモリ内の写真・動画再生やファームウェアアップデートにも対応する。

 DMM.com代表取締役社長の松栄立也氏によると、現時点では主だった予定はないものの、DMMブランドで今後もさまざまな家電を展開したいとしている。 また、家電以外にも水族館事業などにも参入予定。「最近(手掛けている事業が多すぎて)何をやっているのかわからなくなりつつあるが」と笑いを誘ったうえで、「家電以外にも面白いことをやっていく」と述べた。

 なお、DMM.makeの担当者によると、現在の4Kテレビが搭載しているチューナーでは、2018年の4K実用放送には対応できず、別途チューナーが必要だという。そのため、ディスプレイにすることで、ユーザーのニーズに合わせた利用が可能になるとしている。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月15日(火)18時16分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】