「Apple Pay」で慈善団体への寄付が可能に

CNET Japan 2016年11月15日(火)09時32分配信

 寄付や社会貢献を呼びかける感謝祭明けの火曜日「ギビングチューズデー」が近づくなか、Appleが24の非営利団体(NPO)と提携し、モバイル決済サービス「Apple Pay」を利用して寄付ができるようにした。米国時間11月14日から、Apple Payを通じて米国赤十字社、国境なき医師団、セーブ・ザ・チルドレン、世界自然保護基金(WWF)などの慈善団体に寄付できる。

 米国がん協会、ユナイテッド<2497>・ウェイ、ドナーズ・チューズなど一部の団体は「近く」Apple Payに対応する予定だが、具体的な日付は明らかになっていない。

 Appleは長年、慈善団体と協力し、顧客が特別なアプリを購入したり、「iTunes」から寄付したりできるようにしてきた。今回のApple Payの対応は、NPOへの寄付をより簡便化するほか、寄付の意思を実行に移す人を増やす効果が期待できる。

 「Apple Payにより、NPOの支援者は簡単な方法ですぐに寄付ができる。ウェブサイトやアプリでは、Apple Payで購入を完了した人の数が他の決済方法の2倍に上っている」と、Apple Pay担当バイスプレジデントのJennifer Bailey氏はインタビューで述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月15日(火)09時32分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。