横幅15cmのCDサイズから解放--JVCケンウッドが提案する超小型オーディオ

CNET Japan 2016年11月15日(火)11時00分配信

 JVCケンウッド<6632>は11月15日、横幅11cmの超コンパクトオーディオをケンウッド「Kseries(Kシリーズ)」、JVC「ウッドコーン」にそれぞれ発売する。パーソナルオーディオの新しい形を提案する。

 ストリーミング再生やBluetooth接続など、音楽の再生方法が大きく変化したことを受け、オーディオ製品の1つの基準とされてきた横幅15cm=CDサイズを脱却し、大幅なコンパクト化を実現した。

 Kシリーズとして発売するのは、インテグレーテッドアンプ「KA-NA7」(想定税別価格:3万8000円前後)とスピーカシステム「LS-NA7」(同:1万8000円前後)。

 KA-NA7は、高さ50mm×幅110mm×奥行き179mmのコンパクトサイズで、10W+10Wのアンプを内蔵。PCやテレビと接続して音源を再生できるほか、ヘッドホンアンプとしても使用が可能。Bluetoothによるワイヤレス接続にも対応する。

 入力段からスピーカ出力までフルデジタル処理により、変換時の音質リスクを最小限に抑えられる。ヘッドホンとスピーカは別系統で再生処理するため、ヘッドホンアンプとしてのクオリティも確保している。

 スピーカLS-NA7は、高さ181mm×幅102mm×奥行き158mmで、KA-NA7に合わせやすいコンパクトサイズ。80mmコーン型ウーファと19mmのソフトドーム型トゥイータを搭載した2ウェイバスレフ型で、40kHzまでのハイレゾ再生が可能だ。

 KA-NA7とLS-NA7をあわせて使用することで、中音域だけではなく低域から高域まで幅広いレンジで高音質再生を追求する。両機種ともに発売は11月下旬。

置くだけでいい音を実現した超小型「ウッドコーン」スピーカ

 ウッドコーンシリーズでは、シリーズ最小の「EX-NW1」(想定税別価格:6万5000円前後)をラインアップ。アンプとスピーカで構成する。高さ131mm×幅76mm×奥行き110mmのスピーカ部には、30mmのフルレンジウッドコーンスピーカユニットと40mmのパッシブラジエータを搭載。小口径のウッドドライバを再生するため、人工熟成を加えたチェリー響棒や、スプルース響棒を採用し、サイズや取付位置はミリ単位で検討したという。

 スピーカ下部には、専用傾斜スタンドを取付、脱着は不可。机からの反射音の影響軽減と音を耳に近づける角度に調整しているため、置くだけで最適な角度で聴くことができる。

 アンプ部は高さ51mm×幅110mm×奥行き182mmで、最大出力は10W+10W。Bluetoothに対応しているほか、USB端子を備える。底面には銅メッキネジと異種金属ワッシャによる振動対策を施し、ウッドコーンシリーズならではの高音質設計を継承している。発売は12月上旬になる。

 なお、ビクターエンタテインメント・オンラインショプではEX-NW1とKA-NA7+LS-NA7を入札による特別モニタ価格で購入できるモニターキャンペーンを実施する。応募期間は11月27日まで。募集人数は各50名で、アンケートへの協力が必須となる。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月15日(火)11時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。