マイクロソフト、「Visual Studio for Mac」をリリースへ

CNET Japan 2016年11月15日(火)08時32分配信

 Microsoftは問題を抱えている。多くの開発者がMacを使用しており、Macを使用する開発者は、自分たちが使用するOS向けに用意されたツールがなければ、Microsoft製プラットフォーム用のコードを作成する可能性が低いという問題だ。

 Microsoftが米国時間11月14日に、「Visual Studio IDE」のフル装備のネイティブ版をMac向けに提供すると発表したのは、おそらくそのためだ。なおIDEはIntegrated Development Environment(統合開発環境)の略で、コーディング、デバッグ、テストを行う環境のこと。

 Microsoft公式ブログの記事(その後ウェブから削除された)によると、今週開催されるMicrosoftの開発者向けイベント「Connect(); // 2016」でプレビュー版がリリースされる予定で、「そのルックアンドフィールはまるで『MacOS』のネイティブ要素のよう」だという。

 1つ注意点がある。この製品は、実際にはVisual Studioを一から構築したものではなく、(ITジャーナリストを長年務めるTim Anderson氏が指摘しているように)「Xamarin」のブランド名を変更したものだということだ。Microsoftは2016年2月にXamarinを買収している。Microsoftがこのブログ記事を削除したのは、おそらくこの違いのためだろう。Microsoftはコメントを避けた。

 また、MacにVisual Studioが提供されたのは正確にはこれが初めてではない。Macに最初に提供されたのは、2015年にオープンソース化された「Visual Studio Code」だ。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月15日(火)08時32分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】