DJI、4K60pで撮れるドローン「Phantom 4 Pro」国内発表--最高時速108kmのモデルも

CNET Japan 2016年11月16日(水)16時00分配信

 DJIは11月16日、幕張メッセで開催されている国際放送機器展「Inter BEE 2016」において、新型のハイエンドドローン「Phantom 4 Pro」と、プロフェッショナル向けドローン「Inspire 2」を国内発表した。9月には折りたためる小型ドローン「Mavic Pro」を発表したばかりで、DJIの新製品ラッシュが続く。

 Phantom 4 Proは、すでに販売している「Phantom 4」のカメラやモータなどスペックを大幅に向上した上位モデル。2000万画素の1インチセンサを搭載し、DCI4K60p撮影(H.264時、H.265は30p撮影。D-Log撮影もサポート)に対応。Phantom 4で搭載していた1/2.3インチセンサと比較してサイズが4倍に拡大しており、ダイナミックレンジや高感度特性が大幅に改善されている。レンズは焦点距離が24mm(開放F2.8)の広角タイプ。メカニカルシャッターを搭載し、高速飛行中や高速移動する被写体の撮影時に映像が歪む「ローリングシャッター現象」を回避できる。

 Phantom 4 Proは、DJIオリジナルの障害物回避システム「FlightAutonomy」を採用。障害物の3次元マップを作成するビジュアルシステムを機体の前部、後部、下部に設置。機体の左右には赤外線センサも搭載されている。こうしたセンサから機体の位置、ナビゲーション、飛行ルートを自動で調整する。検知範囲は前方、後方ともに30mまで拡大しており、複雑な3次元環境下にも対応する。また、でこぼこな地面や水面への着陸を回避する。

 飛行モードも複数搭載。「Drawモード」では、送信機のディスプレイ上に線を描くだけで、高度を維持したまま描いた線の方向に飛行する。ディスプレイに目的地をタップするだけで、自動で障害物を回避しながら飛行する「TapFlyモード」なども搭載しており、操縦に手間取ることなく撮影に集中できる。また、「ActiveTrackモード」も搭載しており、人や車、動物といった一般的な被写体を認識し、機体を安全に飛行させることが可能だ。セルフィー用のモードも搭載。送信機がなくても、カメラに向かって特定のジェスチャーを取るだけでセルフィー撮影ができる。

 Phantom 4 Proの送信機は、「Lightbridge HDビデオ伝送システム」を採用し、 4kmの伝送距離を実現。機体は、電源を入れると自動で2.4GHz帯、5.8GHz帯を選択し、電波干渉の高いエリアでも安定した通信が可能となる。Phantom 4 Pro+の送信機には、高輝度(1000カンデラ)な5.5インチディスプレイを搭載。メインカメラがとらえた映像や飛行情報を表示できる。送信機には、HDMIポート、microSDカードスロット、マイク、スピーカ、Wi-Fiユニットを搭載し、高い拡張性を実現している。

 4K60p撮影は、イメージセンサと映像処理プロセッサの負担が大きく、また、カメラの重量増にともない大型モータを採用している。通常なら飛行時間に影響が出そうだが、DJIの持つ省電力技術の向上により、Phantom 4とほぼ同じバッテリ容量ながら、最大30分の飛行を実現している。最高時速は、Pモードで時速50km、スポーツモードでは最大時速72kmに達する。

最高時速は108km、5.2K撮影も可能な「Inspire 2」

 Inspire 2は、プロフェッショナル撮影を想定した高性能ドローン。新開発のマグネシウム・アルミニウム合金の機体を採用し、最高時速108kmを実現。4秒で時速80kmまで加速できる。また、デュアルバッテリシステムを採用することで、27分の最大飛行時間を実現したほか、冷温下でもバッテリのパフォーマンスを維持できるよう、温度がマイナス20度以下になるとバッテリが自己発熱を開始する。別売の高度飛行用プロペラを使うことで、運用限界高度を海抜5000mまで引き上げることができる。

 Flight Autonomyも強化。「Spotlight Proモード」では、カメラが被写体をロックしたまま自由に飛行させることができる。カメラを安定化させるジンバルが360度以上回転すると、機体が自動で回転し、幅広いカメラワークに対応する。そのほか、Phantom 4 Proにも搭載されている、ActiveTrack、TapFlyモードも利用できる。コントロールに使用する送信機は、Phantom 4 Proと同様4kmの伝送距離を実現している。

 Inspire 2にはDJIのカメラモジュール「Zenmuse」シリーズを搭載可能。今回の新機種に合わせ、新作となる「Zenmuse X4S」「Zenmuse X5S」も発表された。X4Sは、Phantom 4 Proに搭載されているカメラと同様のもので、2000万画素の1インチセンサを搭載し、ダイナミックレンジは11.6ストップを実現。レンズの焦点距離は24mm、F値は開放で2.8を実現している。また、メカニカルシャッターを搭載し、ローリングシャッター現象を回避することができる。

 X5Sは、「Zenmuse X5R」の後継となるモデル。2080万画素の4/3サイズのイメージセンサを搭載し、ダイナミックレンジは12.8ストップを実現。マイクロフォーサーズマウントを採用し、レンズ交換が可能。DJIでは広角レンズからズームレンズまで8種類のレンズをラインアップしている。また、RAWモードでの毎秒20枚のバースト撮影も可能だ。

 画像処理システムには、新開発の「CineCore 2.0」を搭載。Inspire 2では、「CINESSD」ストレージの採用でCinema DNG向け5.2K映像(4.2Gbps)が撮影できる。CineCore 2.0は、Cinema DNG、Apple ProRes 422 HQ(5.2K、4K撮影時)、ProRes 4444XQ(4K撮影時)、H.264、H.265などの映像フォーマットに対応。Inspire 1では、撮影した映像は一度専用ソフトで取り込んでエンコードする必要があったが、Inspire 2ではCINESSDから直接ファイルをコピーできるようになった。

Phantom 4 Proは18万9000円から、1インチセンサを考慮すれば割安か

 Phantom 4 Proの税込価格は、通常コントローラーのセットが18万9000円、5.5インチの専用ディスプレイを搭載したコントローラーのセット「Phantom 4 Pro+」が21万9000円。価格には、保険が付帯する。Inspire 2は36万1000円、Inspire 2 Combo(Zenmuse X5S、CinemaDNG、Apple ProResのライセンスキーをセットにしたもの)が74万1000円(2016年中での購入で71万9000円に割引)。Zenmuse X4Sは7万1200円、Zenmuse X5Sが22万5600円となる。

 11月16日より予約を開始。出荷開始時期は、Phantom 4 Proが11月下旬、Inspire 2およびアクセサリは12月から2017年1月を予定している。

CNET Japan
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月16日(水)16時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。